院内設備へのこだわり

CT(Computed Tomography)

より正確な診断の為に当医院でも導入しました。コンピューターを駆使しデータ処理をし再構成することで、断層写真などをみることができます。

元来大きな病院にしか無く、わざわざ他の総合病院などに撮影しに行かないといけませんでしたが、当医院で撮影しそのまま診断・治療、また経過観察にも役立てていきます。

感染対策

私たちは、肝炎などの感染予防のため、さまざまな対策をとっています。できる限り使い捨てのものを使用し、使い捨てのできない医療器具などは、特殊な機械を使用して滅菌を行っています。

院内の感染予防のため、細心の注意を払っておりますので、どうぞ安心して治療をお受けください。

ダイアグノデント

レーザーを用いたむし歯診断装置です。むし歯の進行状況を数値表示します。

レントゲンや肉眼で発見できない初期のう蝕を発見できるというメリットがあります。特に経過観察中のう蝕の進行度合いが数値で継続的に把握できるので、とても有用です。

位相差顕微鏡

当医院では、位相差顕微鏡を使用してお口の細菌の種類や量を観察します。

患者さまのお口に存在する菌の状態を把握することで、治療方法や治療の効果などを詳しくご説明することが可能です。

Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)

当院では、虫歯治療や歯石除去など幅広い治療が可能な、Er:YAGレーザーを導入しております。

レーザー治療の中でも、治療の痛みを最小限に抑え、素早く治療することが可能で、もっとも人にやさしいレーザーです。

ドックベストセメント

当医院ではドックベストセメントを導入しています。強アルカリ性の作用でむし歯菌を殺菌し、むし歯になって柔らかくなってしまった部分を再び硬くすることができます。

また、歯の神経にまで進行した深いむし歯でも、神経を取らずに治療ができるようになりました。

神経を残すことによって、歯を丈夫に保つことができます。そして、浅いむし歯なら、歯を削らずにドックベストセメントを塗るだけで治療ができます。『むし歯を削らない』=『歯と、つめ物やかぶせ物との境目がない』ので、その隙間から再びむし歯になるのを防ぐことができます。

きたむら歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。